コンビニ、スーパなど全国で買えるB級グルメを中心にゆる〜くレビュー

にわかフードソムリエのグルメ日誌

コンビニ お菓子

濃厚味つけがあとひく! 新しくなったコイケヤ スコーン がっつきバーベキュー味

投稿日:2019年3月7日 更新日:

こんにちは!FGです。

小さい頃から馴染みのあるお菓子というと、みなさんは何を思い浮かべますか?
自分はコイケヤのスコーンを思い浮かべます。あのサクッとした食感と、しっかり濃い目の味付け……幼い頃からのおやつの定番でした。

そのスコーンがフルリニューアルしたということで、早速購入してみましたよ。

商品概要です

スコーン自体はなんと1987年から発売されているそう。
30年以上も愛されてきたもはや国民的スナック菓子といっても過言ではありません。
以前リッチな味わいと勢いで「スゴーン」という派生商品を展開したこともあったのですが、今回はあくまでスコーンそのものを「フルリニューアル」した、という触れ込み。
あの懐かしの味わいが平成の終わりにどう進化したのか、興味は尽きません。

まずは、パッケージ。
もうあのころの面影はありませんでした……!
全面にフラットな単色を配しながら、堂々とおおきな商品タイトル。
インパクトの強さで、お菓子売り場でも強烈な個性を放っていました。
幼い頃に食べていたスコーンのパッケージからは想像できないダイナミックさです。

さっそく開封してみると……

そう、これこれ!

と思わず叫びたくなるほど、濃厚なバーベキューの風味が一気に広がります。でも、以前のスコーンよりも、さらにジューシーさ、というか肉々さがアップしているようにも感じます。

実食

さっそく食べていきましょう。

カリッとしっかりめの食感に、ジュワっと濃厚なバーベキューソースの味わいが舌に広がります。
これは商品名の通り「がっつき」たくなるあとひく味わいですね。

ただ、食べ進めていくと、濃厚になった味わい以外にも、ちょっと気になる点が。

以前のCMでもくりかえりいっていた「カリッとサクッと」おいしいことに違いはないのですが、どうも思い出のスコーンとは違うような……。
調べてみると、どうやらパッケージとフレーバーだけでなく、生地そのものも新しい配合を採用しているとのこと。
なるほど、確かにフルリニューアルを謳うだけのことはあります。

以前のスコーンとくらべて、少し「ふんわり」とした軽さを感じるのです。
この軽さが、コーンそのもののやわらかな甘味をしっっかりと引きだしていて、いくらでも食べ進められます。
以前のスコーンは、ずっと食べているとちょっとくどくなってきてしまうことがありましたが、この新生スコーンはそれがなく、いつまでも食べていたくなってしまう魅力があります。

生まれ変わったスコーン。今までのスコーンを愛する人も、そうでないひとも、ぜひ一度試してほしい味わいです!

栄養成分

エネルギー 415kcal
タンパク質 4.3g
脂質 24.8g
炭水化物 43.8g
食塩相当量 1.4g

スナック菓子らしいしっかりしたカロリー、脂質量です。
ついついあと引く味ですが、食べすぎにはしっかり注意したいところですね。

オススメ度

4/5

懐かしくもしっかりとバージョンアップしている味わいは必見です。
これからの新しい時代を担う若い世代にも受け入れられるといいなぁ…。
なんてスコーンで育った世代としてはぼんやり思ってしまいます(笑)

まとめ

メーカー:コイケヤ
商品名:スコーン がっつきバーベキュー味
価格:115円(税込)
※ライターが購入した価格です。
※コンビニ限定発売です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
FG

FG

編集長である畑山道(ばたさんどう)に紹介されたコンビニグルメに一切のはずれが無い事に気づき、この情報を広く発信したいと思いサイトを企画。
サイトの管理と素人ながら記事の執筆も行っている。
レビューする食べ物は普段の日常で食べているもので、本当に美味しいもののレビューは編集長に任せている。
FGのレビューに過度の期待は禁物だ。
行動範囲:関西

-コンビニ, お菓子
-, , ,

Copyright© にわかフードソムリエのグルメ日誌 , 2019 All Rights Reserved.

記事ガチャ

ガチャ結果

思わぬ商品に出会えるかも・・・

閉じる

もう一回