コンビニ、スーパなど全国で買えるB級グルメを中心にゆる〜くレビュー

にわかフードソムリエのグルメ日誌

コンビニ スーパー お菓子

甘いとしょっぱいの組み合わせがクセになる 不二家 チップスターチョコレート

投稿日:2019年2月23日 更新日:

こんにちは!FGです!

街にチョコレートの甘い香りが溢れるこの季節ですが、衝撃的な商品を発見したのでレビューしていきたいと思います。

それが不二家より発売されている「チップスターチョコレート」です!

一見、見慣れたパッケージなのに猛烈な違和感。よく見るチップスターのロゴが書かれているのに、筒状でない。しかも、ポテトチップの写真もない…!!
しっかりとパッケージを観察すると、不二家とのコラボレーションとして発売されている「チップスターチョコレート」とのこと……!

確かに「甘いとしょっぱいの組み合わせがクセになる」として、ポテトチップスにチョコレートを絡めた商品は何度か見たことがあります。
しかし、これほど馴染み深いチップスターがこのコラボを打ち出してくるとは……。衝撃でした。

実はこの商品、2018年に期間限定コンビニ限定で販売していたものを復活させたものだそう。1年での復活ということは根強い人気がうかがえます。

早速パッケージを開けてみると、ふんわりと甘いチョコの香りが漂ってきます。
ころっとかわいい一口サイズのチョコに、細かく砕かれたチップスターのうすしお味がまんべんなくふりかけられた本品。おいしくないわけがないので、ためらわずさっそく一口。

チョコレートそのものは、なめらかな食感のチョコではなく、いわゆる「焼きチョコ」と呼ばれる部類のサクッと軽い食感のチョコです。その軽さの後から、チップスターのパリパリ感とほのかな塩味が絶妙にマッチしています。甘さとしょっぱさがジリジリ押し寄せるような激しさではなく、どちらもやさしいテイストで調和しています。

チョコレートそのものの食感、味わいがとても軽やかなのに、それをさらに後押しするチップスターの軽さが非常に軽快な味わいを生み出しているので、1箱すべてたべきっても、まったくくどさがありませんでした。

かじった断面は、ちょこがしっかりと詰まっています。チョコ全体にチップスターを練り込むのではなく、あくまで表面にまぶすだけにとどめたことで、全体のかるさとチョコのコクをしっかりと両立させているように感じます。

また、ひとつぶがそれほど大きくないので、ついつい次をつまみたくなります。味わい、形状の二つの観点からついつい食べ進めてしまう「あとひく」おいしさになっていますね。

栄養成分

エネルギー 382kcal
タンパク質 6.2g
脂質 22.3g
炭水化物 39.2g
食塩相当量 0.2g

軽い食感と食べ心地でついつい間食してしまいましたが、ひと箱で400kcal弱はあるので、食べすぎには十分注意したいところですね。
まあチョコレートなので当たり前といえば当たり前ですが……。

オススメ度

3.5/5

チョコとポテトチップスを合わせた商品はいくつかありましたが、ここまでの軽い味わいを実現しているものはあまりないように思います。
今までこの組み合わせを敬遠していた人にもぜひ一度食べてみてほしいです。

まとめ

メーカー:不二家
商品名:チップスターチョコレート
価格:216円(税込)
※ライターが購入した価格です。

こんな記事もオススメ

よく読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
FG

FG

編集長である畑山道(ばたさんどう)に紹介されたコンビニグルメに一切のはずれが無い事に気づき、この情報を広く発信したいと思いサイトを企画。
サイトの管理と素人ながら記事の執筆も行っている。
レビューする食べ物は普段の日常で食べているもので、本当に美味しいもののレビューは編集長に任せている。
FGのレビューに過度の期待は禁物だ。
行動範囲:関西

-コンビニ, スーパー, お菓子
-, , ,

Copyright© にわかフードソムリエのグルメ日誌 , 2019 All Rights Reserved.

記事ガチャ

ガチャ結果

思わぬ商品に出会えるかも・・・

閉じる

もう一回